シェイプアップ乳酸菌で便秘も一気に解決

便秘の原因となるのは腸内環境の悪化や腸内活動が滞ることにより引き起こされる症状です。この原因となるのが腸内細菌である善玉菌の減少とそれによる悪玉菌の増殖が考えられます。通常、腸内環境が正常であれば善玉菌が悪玉菌を押さえ込むことにより、腸の活動も活発化し宿便なども体外に排出出来るわけですが、腸内環境を正常化してくれる善玉菌は常に摂取し続けていないと腸内に留まり続けることはありません。

その為ヨーグルトや発酵食品などを毎日の食事から摂取する必要がありますが、問題となるのは毎日摂取し続けていても生きたまま腸内に届けるのは非常に難しく、多くの乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌は腸内に届くまでに胃酸などで死滅してしまうことになります。そのため簡単には腸内環境を正常化することは難しいですし、便秘の解消も非常に解消し辛い問題といえます。

シェイプアップ乳酸菌は腸内環境を正常化してくれる乳酸菌を生きたまま腸に送ることが出来るサプリメントで、300億個の乳酸菌を一袋で摂取することが可能となっています。この300億個というのはヨーグルトに換算すると900個にもなる膨大な量ですので、それを簡単に摂取できるのは非常に便利なことと言えます。

しかも通常は胃酸などで死滅してしまうことの多い乳酸菌を糖鎖というたんぱく質でガードしたまま腸に送り届けるため、乳酸菌を生きたままの状態で確実に送り届け、長時間腸に留まらせることが可能になっています。これにより起きる現象としては、善玉菌である乳酸菌の働きにより悪玉菌を大幅に減らすことが出来、さらに腸内環境を正常化することで腸の働きを一気に活発化させてくれます。この腸の働きが活発化することで血流も改善して体調も良くなりますし、腸内の免疫細胞の活動も活発化するため体全体の免疫力もアップしてくれます。

何より便秘解消には最も効果が高く、一般的な乳製品などで便秘を解消する場合、どうしても乳酸菌などは死菌となりなかなか効果が実感できませんし、死菌でも便秘解消などの効果はあるのですが、その場合には生きた乳酸菌の何倍もの量を摂取する必要があります。その為シェイプアップ乳酸菌の生きたまま腸内に届くということはとても優れており、生きた乳酸菌が腸内で活動するからこそ便秘解消に必要な腸の運動を活発に出来るわけです。
生きたまま乳酸菌を摂取し続けるのは非常に難しいので、シェイプアップ乳酸菌を上手く利用することでしつこい便秘ともサヨナラできるでしょう。

ページの先頭へ